ベタなタイトルですが笑、医療・予防・食事・運動・睡眠、、、笑顔でいろいろゆるーく学びましょう
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 医療一般

医療一般

楽観主義でいこう!

以前話題にした「ごきげんで長生き」と重複する話題です。ポジティブ心理学系ですね。     1994年の古い本ですが、学ぶ事が多々あります。 楽観主義と健康の関係。 ハーバード大学卒業生男性約100人を …

食事・運動・ごきげん、そして「睡眠」!

以前、「食事」「運動」「ごきげん」が健康を維持するためのキーポイントという話を紹介しました。 さて、こちらの本は、若干表現が異なります。 ヒトはなぜ人生の3分の1も眠るのか? ウイリアム.C.デメント 健康を支える三本柱 …

そのCT検査の必要性を相談しよう

おはようございます。布施淳です。 いま心臓カテーテル治療の学会(CVIT2014)で名古屋に来ています。心臓カテーテル検査・治療では「放射線」を比較的大量に使います。専門医には放射線防護講習会受講が義務づけられていたり、 …

超高齢化社会に備えよう! ユマニチュード

超高齢化社会が急速に進行中。病院や施設等の現場では高齢者・認知症患者等に対し強制的なケアが横行しています。力ずくの対応や、抑制(手足をしばったり)したり。 悪気があるわけではなく、やむなく。せざるを得ない。ケアをするほう …

健康の鍵は「つながり」

50代前後の中年独居独身男性が心臓病にかかり、入院されることが多いです。日常臨床業務の中での実感です。 彼らは、必ずしも社会的に孤立しているとは限りませんが、”家庭”では孤独であることは否めません。 「なぜ中年独居独身男 …

職業ストレスは日常にもちこさない

「ストレスや悪いことや失敗にばかり注目するパターンが脳の中に出来上がってしまうと、挫折への道に自らを追い込むことになる(幸福優位7つの法則P27)。」   ポジティブな面に注目する習慣をつけると幸せにつながりま …

「食事」「運動」「ごきげん」で長生き

  ごきげん、幸せ、に過ごすと健康によろしい、という趣旨の本です。 幸せな人は 自殺する人が少ない、 事故に遭いにくい、 血圧が高くなりにくい、 血糖値が安定している、 など健康に関するメリットが多いという論文 …

咳、鼻汁、のど痛の3つを急性に同時に同程度認めたら、『風邪』

医学部では「風邪」について習う機会はありませんでした。医師になってからも特に学んだ事はありません。現場で何となく対応してきたのが現実です。 「誰もおしえてくれなかった「風邪」の診かた 重篤な疾患を見極める!」 この本は、 …

健康人にとってビタミンサプリの効果は限定的

健康志向で、サプリメントは大流行りです。高価なサプリも多いですね。 ビタミン関連のサプリメントを飲む方も多いです。それを飲む事でどれほどの恩恵を受ける事ができるのでしょうか。 健康な一般人が、慢性疾患(心臓血管病や癌)の …

白衣を着ない

患者自身の主体性が弱まり、過度に医師に頼ってしまう傾向を助長するものとして、医師の着る「白衣」が挙げられると思います。 白衣は医師の象徴のようにも思えます。 医師側でも、白衣を着ると、なんとなく偉くなった気がしてしまうす …

« 1 17 18 19 »
PAGETOP
Copyright © みんなの健康学習広場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.