ベタなタイトルですが笑、医療・予防・食事・運動・睡眠、、、笑顔でいろいろゆるーく学びましょう
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 月別アーカイブ: 2014年7月

月別アーカイブ: 2014年7月

「のんびりジョギング」5分間でも健康増進

運動が身体に良い、健康維持に良いことは誰もが認めることです。 例えばWHOやUSのガイドラインでは中等度の程度の有酸素運動を週150分、或いは強度の有酸素運動を週75分行うことを推奨しています。 米国スポーツ医学協会(A …

楽観主義でいこう!

以前話題にした「ごきげんで長生き」と重複する話題です。ポジティブ心理学系ですね。     1994年の古い本ですが、学ぶ事が多々あります。 楽観主義と健康の関係。 ハーバード大学卒業生男性約100人を …

教師を「先生」と呼ばない

以前、医師を先生と呼ぶことは患者の主体性を低下させることにつながるということを意見しました。   医師を「先生」と呼ばない     分野は違えど、類似した事が語られていることに気づきました。 …

愛知は不健康かと思ったら、そうでもない

約半年前に名古屋に滞在したときは、味噌カツを食しました。 「矢場とん」 美味しく頂きましたが、味は濃かったです。どう考えても、塩分過多です。 先週末、学会で名古屋滞在。「世界の山ちゃん」で手羽先、どて煮等を食しました。手 …

食事・運動・ごきげん、そして「睡眠」!

以前、「食事」「運動」「ごきげん」が健康を維持するためのキーポイントという話を紹介しました。 さて、こちらの本は、若干表現が異なります。 ヒトはなぜ人生の3分の1も眠るのか? ウイリアム.C.デメント 健康を支える三本柱 …

そのCT検査の必要性を相談しよう

おはようございます。布施淳です。 いま心臓カテーテル治療の学会(CVIT2014)で名古屋に来ています。心臓カテーテル検査・治療では「放射線」を比較的大量に使います。専門医には放射線防護講習会受講が義務づけられていたり、 …

超高齢化社会に備えよう! ユマニチュード

超高齢化社会が急速に進行中。病院や施設等の現場では高齢者・認知症患者等に対し強制的なケアが横行しています。力ずくの対応や、抑制(手足をしばったり)したり。 悪気があるわけではなく、やむなく。せざるを得ない。ケアをするほう …

日々プレゼン

「プレゼンテーション」と聞くと、TEDなど、特別な場での発表をイメージしがちです。 でも、考えてみれば、それは日常生活の中で普通に行われていることです。 人との会話や、ちょっとした情報伝達、報告、それは皆、「プレゼンテー …

健康の鍵は「つながり」

50代前後の中年独居独身男性が心臓病にかかり、入院されることが多いです。日常臨床業務の中での実感です。 彼らは、必ずしも社会的に孤立しているとは限りませんが、”家庭”では孤独であることは否めません。 「なぜ中年独居独身男 …

幸せ映像でストレス緩和

週末は友人の結婚式に参加。素敵な二人、素敵な友人たち、素敵なご親族、、、。絵に描いたような幸せの図でした。 ある実験では、ストレスフルな環境におかれた人々に幸せな映像を見せると、血圧や心拍の上昇をより速やかに緩和させたと …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © みんなの健康学習広場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.