比較的若い人にも生じる不整脈に「発作性上室性頻拍(PSVT)」があります。

 

PSVTの中にも種類は色々あるのですが、総じてざっくり言うと、規則正しいリズムの頻拍です。

「規則正しい」点が、心房細動(不規則、バラバラ)と異なります。

心拍数は様々ですが、多くは150拍/分以上、場合によっては200拍/分を超えます。

命に関わることは稀なのですが、人によっては激しい動悸を伴ったり、フラフラしたりします。

 

この著しく速くなることもある不整脈を、スマートウォッチは正しく心拍数を捉えることができるのでしょうか?

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30808083

Korean Circ J. 2019 Feb 11.

Assessing Accuracy of Wrist-Worn Wearable Devices in Measurement of Paroxysmal Supraventricular Tachycardia Heart Rate.

 

この論文では、27人のPSVTの患者さんにスマートウォッチを装着して、心拍数を正確にカウントできるか調べています。PSVTの心拍数は患者さんによって様々で、108-228拍/分でした。使用したスマートウォッチは、

Apple Watch Series 2 (Apple),

Samsung Galaxy Gear S3 (Galaxy)

Fitbit Charge 2 (Fitbit)

です。

 

結果、

誤差10拍/分以内だった確率は、

Apple 100%

Galaxy 90%

Fitbit 87%

でした。

 

数値上は、Appleがもっとも優秀ですが、まあどれも許容範囲内の精度と考えられます。

スマートウォッチを装着しておくことで、不整脈が生じたときに客観的な情報が得られます。PSVTは自然に治ることも多く、医療機関を受診したときには治っていることがよくあります。

頻拍だった証拠がないと、なかなか医師としても治療にはすすめずらいです。つまり、スマートウォッチの頻拍情報は、医療機関受診するにあたり、貴重な情報になるわけです。

ぜひご活用ください。