最近、睡眠に関して復習と知識のアップデートをして、その重要性を再認識しています。

このブログでも以前から睡眠のことに関してはいくつか記事を書いています。

http://junfuse.com/category/sleep/

 

睡眠を重要視する理由の1つは、睡眠時間と死亡リスクの関係です。

睡眠時間と死亡リスクの関係を調べた研究はたくさんあり、そのメタ解析も毎年のように発表されています。

例えば、

2016年 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26900147

 

どの研究も概ね結果は同じです。7時間睡眠がもっとも死亡リスクが低くなっています。
それより長くても、短くてもリスクは高くなります。U字型のグラフを呈します。
2016年のグラフはこちらに示しています。

 

 

 

パフォーマンスに関しては、7時間睡眠よりも9-10時間睡眠を目標にした方が、パフォーマンスが上がるという論文も複数あります。

例えば、

ttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12603781

この論文では、以下のことが示唆されています。

① 7h寝ていても、9hよりパフォーマンスが悪い
②しかも7h睡眠していると眠くない(睡眠不足の自覚なし)
③1週間の寝不足によるパフォーマンス低下は、8h睡眠x3日しても元には戻らない

 

つまり、まとめると

死亡リスクを下げるなら7時間睡眠!

パフォーマンスを上げるなら8-9時間睡眠!

という解釈になります。

 

注意しておきたいことは、

7時間睡眠を目標にしていると7時間は眠れていません。6時間くらいです。

9時間睡眠を目標にしていると9時間は眠れていません。8時間くらいです。

 

睡眠時間を客観的に測定するスマートウォッチの活用をお勧めします。

スマホで自分の睡眠時間や質を確認することができます。

下は、5時間20分しか寝ていない、あまりよろしくない例です(苦笑)。

睡眠に関する悩みがある方も、どうぞご相談ください。