布施です。

ヨガには様々なポーズがありますが、「ポーズの王様」と言われているのがSirsasana(headstand)、つまり倒立ポーズだそうです。

Sirsasanaの心身への好影響として、以下が挙げられます。

・心拍数低下
・吸気能力向上
・酸素消費増大
・(2分間の倒立で)交感神経緊張促進

これらは、根拠となる論文が各々あります。

また、

・集中力の向上
・心を落ち着かせる効果
・静脈還流の促進(血液が心臓に戻りやすくなる)
・リンパの動き、免疫機能の改善
・体幹、上半身筋力向上
・呼吸の横隔膜機能向上

といった効果も期待できるようです。

こちらの論文に記載されていました(各々の学術的裏付けは確認できませんでしたが)。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26118514

 

一方で、Sirsasanaのリスクもあります。

頚部の損傷のリスク
緑内障(眼圧が上がる病気)悪化のリスク
Sirsasana 姿勢の間に眼圧は有意に上昇します。
健康人がこれにより新たに緑内障になることは稀のようですが、
(ヨガをやっている人に緑内障が多いというデータもありません)
もともと緑内障の方はSirsasana 姿勢は避けたほうが良さそうです。

 

ということで、倒立系のポーズは緑内障の方や頚部を痛めている方は避けて、

そうでない方が、無理ない範囲で行ってください。