布施です。

 

下記記事でご紹介した2016年に発表されたメタ解析(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26598376)では、

安静時心拍数が45/分から10/分上がる毎に、死亡リスクが9%上がる、という結果でした。このメタ解析は46の研究を元にしていました。

安静時心拍数45/分くらいでも悪くない

 

2017年には、また新たなメタ解析論文が出ています。こちらは88の研究を元にしています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28552551

 

このメタ解析によると、安静時心拍数が40/分台から、10/分上がるたびに、

以下のごとくリスクが高まります。

 

冠動脈疾患リスク   7%

心臓突然死リスク   9%

心不全リスク     18%

脳卒中リスク       6%

心臓血管疾患リスク 15%

ガンリスク     14%

全死亡リスク    17%

 

安静時心拍数が高いことが上記の病気を引き起こす(因果関係)と言うことはできませんが、

安静時心拍数が高い場合は、これらの病気が潜んでいないか?など、より慎重な健康チェックが望まれます。