布施です。

その「奇跡の薬」は、以下のような効能があります

 

・全死亡リスクの低下
・心血管疾患の死亡リスクの低下
・心臓血管疾患(心臓病および脳卒中を含む)のリスク低下
・高血圧のリスク低下
・2型糖尿病のリスク低下
・脂質代謝異常症のリスク低下
・癌リスク低下(膀胱、乳房、結腸、子宮内膜、食道、腎臓、肺、胃)
・認知力改善
・認知症(アルツハイマー病を含む)のリスク低下
・生活の質の向上
・不安軽減
・うつ病のリスク軽減
・睡眠の改善
・体重増加の遅延、軽減
・体重減少、特にカロリ制限と組み合わせた場合
・体重減少後のリバウンドの予防
・骨の健康の改善
・身体機能の改善
・転倒リスクの低下(高齢者)
・転倒の怪我のリスク低下(高齢者)

 

こんなに様々な効果がある魔法のような「奇跡の薬」。

あなたにも簡単に手に入ります。

 

その薬とは、「定期的な運動」です。

上記は、つい最近一流医学雑誌JAMAに掲載された運動のガイドラインからの抜粋です。

 

The Physical Activity Guidelines for Americans

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2712935

 

中程度の運動を少なくとも週に150分から300分しましょう。

1日30分が目安です。

 

運動をしない選択肢など、ありえません!

 

このブログでは、以前にも「奇跡の薬」ネタは書いていますね。

身体活動は奇跡の薬!