布施です。

 

人前で講演をしたり、スピーチをしたりするのは誰でも緊張しますよね。

 

例えば、とある論文(Ann Intern Med. 1970;72(2):255-256.)によると、

人前でプレゼンテーションをした10人の役人の心拍数を測定したところ、

平均でベースラインの心拍数73/分が、154/分まで上昇しました。

2倍以上にも増加するわけです。これはかなりの心臓への負荷になります。

 

冠動脈疾患(狭心症)の方が、運動をしても虚血に陥らない(心臓に負担がかからない)程度の病状であっても、

人前でのスピーチという精神的ストレスでは、虚血に陥る(心臓に負担がかかる)とする論文(J Am Coll Cardiol 2006;47:987–91)もあります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16516082

精神的ストレス、スピーチ恐るべしです。

 

今週は、人前で講演をする機会が2度ありました。

その際の、装着していたapple watchの心拍数を調べてみると、

講演中はいずれも顕著な上昇はなく、概ね心拍数70/分くらいでした。

緊張していなかったわけではないと思うのですが、

意外と負担になっていないようでした。

 

講演や、結婚式のスピーチなど、年配の方が担うことも多いです。

少しでもストレスを軽減する気遣いが必要ですね。