布施です。

 

自分の安静時心拍数が、以前は60/分くらいだったのが、最近70/分くらい、、。

仮に、そのような状況だった場合、どう解釈すればよいのでしょうか?

 

こちらの研究。

 

Relation of Heart Rate at Rest and Long-Term (>20 Years) Death Rate in Initially Healthy Middle-Aged Men

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19121452

 

フランスの労働者で、明らかな心臓血管疾患のない中年男性(42-53歳)5,139人が対象の前向きコホート研究です。

安静時心拍数を測定して、20年間フォロー、その間、5年毎に心拍数を経時的に安静時心拍数を測定。

 

心拍数の変化により3つのグループに分けました。

 

① 減少グループ:4拍/分以上の減少

② 不変グループ:-4~+3拍/分

③ 増加グループ:4拍/分以上の増加

 

結果は、

①の心拍数が減少したグループは、変化のなかったグループ(②)に比べ、14%死亡リスクが減少しました。

③の心拍数が増加したグループは、19%死亡リスクが増加しました。

 

介入試験ではありませんので、因果関係はわかりません。

しかし、安静時心拍数を下げることの恩恵を期待させる結果です。

 

 

安静時心拍数は、容易に観察できる健康のバロメーターとも言えます。

安静時心拍数が経時的に増加傾向を呈するのなら、リスクが上がる可能性があり、心身や生活を見直してみる機会にすると良いでしょう。

生活の中の行動を変えて(運動などを継続的に行って)、安静時心拍数が経時的に減少傾向を呈するのなら、リスク軽減のサインと解釈しましょう。

(なお、急に極端に心拍数が減った時(例えば80が40/分)は、不整脈の可能性がありますので医療機関にご相談ください)