布施です。

 

昨日、心臓病の方の心拍数について少し触れました。

 

75歳未満の慢性心不全の方なら、心拍数は50台前半で死亡リスクが低くなります。

75歳以下ですと,68/分が最もリスクが低く、それ以上でも、それ以下でも死亡リスクが高くなります。

(Mayo Clin Proc.2015;90(6):765-772)

 

冠動脈疾患(心筋梗塞や狭心症)の方ですと、83/分以上になると死亡リスクが高くなります。

少なくとも62/分未満が良さそうです。

(Eur HeartJ, 26:967 -974,2005.)

 

 

それでは、心臓病ではない方はどうなのでしょうか?

 

 

心臓病ではない方でも、

安静時心拍数が高いほど、死亡リスクが高く、安静時心拍数が低いほどリスクも低いとする研究は複数あります。

 

それをメタ解析した論文が比較的最近発表されています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26598376

46研究のメタ解析で、1,246,203人の人が対象になっています。

結果のグラフの1つをお示しします。横軸が心拍数、縦軸が死亡リスクです。

 

 

メタ解析でも、安静時心拍数が高いほど、死亡リスクが高く、安静時心拍数が低いほどリスクも低くなっているのがわかります。安静時心拍数が10/分上がる毎に、死亡リスクが9%上がります。

このグラフの範囲では、安静時心拍数45/分が一番リスクが低くなっています。もっと遅い心拍数の情報はありません。

心拍数45/分だとちょっと遅い気がしますので、この結果は意外な感じもしました。

 

あなたの安静時心拍数はいくつくらいですか?