布施です。

 

研究者本川達雄先生によると、多くの動物のデータを調べてみると、動物の寿命は体重の1/4乗に,安静時心拍数は体重の-1/4乗に比例する そうです。

 

つまり、身体の大きい動物ほど動物の寿命は長くなり、安静時心拍数は遅くなるということです。

例えば、

ネズミの心拍数は600回/分ほどで寿命は数年、

象の心拍数は30回/分ほどで寿命は70年ほど。

人間の心拍数は60-80回/分ほどで寿命は80-90年ほど。

 

 

因果関係はわかりませんが、

心拍数が速いから寿命が短い、遅いから長い、という可能性もあります。

 

 

人間の心拍数は60-80回/分ほどですから、

人間の心臓は1日約10万回動いていることになります。

80年生きるとすると生涯で10万x365日x80年=29億2千万回。

一時も休むことなく、毎日毎日常に動き続けている精密機械です。

どんな機械でも経年劣化します。

通常作動回数が多いほど、劣化しやすくなります。

心臓も例外ではないはずです。

少しでも、負担を減らして大事に使いたいものです。

 

 

慢性心不全や心不全患者のデータでは、安静時心拍数が速い人ほど死亡リスクが高く、遅い人ほどリスクが低いとするデータはたくさんあります。

例えば、75歳未満の慢性心不全の患者さんでは心拍数50/分台前半くらいの方が死亡リスクが低い、とする研究があります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26046411

1:心拍数 60/分未満

2:心拍数60-67/分

3:心拍数68-73/分

4:心拍数74-82/分

5:心拍数83/分以上

 

 

また、冠動脈疾患の患者さんでは、心拍数62/分未満で死亡リスクが低く、83/分を超えると急激にリスクが高まる、とする研究もあります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15774493

 

 

このような心臓病の患者さんの場合は、安静時心拍数はゆっくりめに維持する方がベターなのです。心臓に病気があると、それだけ劣化しやすいという解釈もできそうです。

 

 

心臓病でない人の場合も安静時心拍数が高いことは心臓病罹患リスクの1つと考えられています。例えば常に100回以上の場合はあまり良くありませんし、100回前後くらいでも「良い」とは言えないと思います。(一般的には100/分以上を「頻拍」(=速い)と表現します)

例えば、心身のストレスがかかると心拍は速くなります。負担がかかっていることを示す、1つのサインです。

心拍で気になることがあるようでしたらご相談ください。