チーズの話です。ワインとのコラボ、いいですよね。でも、ついつい食べ過ぎてしまいます。どのくらい食べても良いのでしょうか。

 

チーズは、太るのか?

チーズは、その1/3が脂肪であり、カロリーの2/3を占めているそうです。どおりで美味しいはずです笑。

以前のこの記事の図では、チーズは、体重を増やす方向を呈した研究と減らす方向を呈した研究が混在しています。まあ、総じてあまり太らない食材のようです。

太る食べ物、太らない食べ物

 

こちらのグラフを見ると、、Regular cheeseは体重を増加させますが、Low-fat cheeseは体重を減少させています。

やっぱり、Regular cheeseより、Low-fat cheeseの方が良いようです。”cheese “としてひとまとめにすると、双方が混在していたりさて、先のグラフのように、相反するデータになるのかもしれません。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4441808/

 

チーズ摂取と糖尿病

検索してみると、意外とチーズだけの研究データはあまり多くないようです。それでもヒットしたものを幾つか。

下のグラフは、8つのコホート研究のメタ解析のものです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23945722

縦軸は糖尿病リスク、横軸が1日当たりのチーズ摂取量です。
わずかではありますが、糖尿病リスクが低下しているように見えます。1日50g食べると8%とリスク低下します。炭水化物を含まないからでしょうか。

 

 

チーズ摂取と心臓・血管系疾患

こちらのメタ解析では、チーズ摂取と心血管疾患、冠動脈疾患の関係はニュートラル(有意な相関なし)で、脳卒中リスク低下と相関するとしています。

https://academic.oup.com/advances/article/7/6/1026/4568635

 

チーズ摂取とがん

下のグラフは、11のコホート研究のメタ解析のものです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5073921/

縦軸は癌のリスク、横軸が1日当たりのチーズ摂取量です。1servingがどのくらいか論文には記載がありませんでした。とあるサイトには、ハードチーズなら40gと書いてありましたが。
何れにしても、チーズ摂取によりやや癌のリスクが上がるように見えますが、統計学的には有意差はありません。

 

まとめ

米国人は1年間に15kgチーズを食べるらしいです。つまり、1日40gくらいです。
とするとチーズにより、糖尿病リスクはわずかに低下し、癌も有意な上昇がない。15kgと言うととても多いイメージがありましたが、意外と悪さはしていない量かと思います。ただし、上の論文の少なくとも一部は、助成金バイアスがあるかもしれません。

乳製品の食べ過ぎは、特に男性は前立腺癌が増える傾向にあります。チーズもそうかもしれませんので、やはり食べ過ぎは控えたいところです。毎日食べるようなら、多くても1日40gくらいまでに止めておくと無難かと思います。