Plant Base Whole Food (PBWF)を徹底すると、基本的にベジタリアンということになり、肉も魚も食わない、ということになります。

Plant Base Whole Food (PBWF)は確かに、身体によさそうだけど、肉はともかく、魚も食べれないのは辛い、という方も多いでしょう。魚食は日本の文化の1つですから。魚好きのあなたのために、魚食のメリットを探ってみたいと思います。

魚食の健康への影響

Fish consumption and risk of all-cause and cardiovascular mortality: a dose–response meta-analysis of prospective observational studies

Public Health Nutr. 2018 Jan 10:1-10.

DOI: 10.1017/S1368980017003834

14のコホート研究のメタ解析をした論文、対象は約90万人。

下のグラフは、魚食の量(横軸)と死亡リスク(相対リスク)(縦軸)の関係を示しています。

縦軸は数字が大きくなるほど、死亡リスクが上がる、という意味です。

点線は95%信頼区間(まあ気にしないでください)。実線だけ見れば良いです。

 

 

【上段 】アジア(日本2,中国1) ※カッコ内はコホート研究の数と場所。

日本を含むアジアでは、魚を多く食べるほど死亡リスクは低下します。

 

【 下段 】欧米(米国4、スウェーデン1、欧州1,豪州1)

欧米ですと、魚食の量が一定以上増えるとU字型となり逆に死亡リスクが上昇します。

アジア、欧米両者の乖離の原因として、幾つか仮説が挙げられています。

 

 

日本(中国)では、魚を多く食べる人ほど死亡リスクが低いのです!!よかった!

しかし、なぜ、欧米はそうでないのでしょう??

 

アジアの魚食は身体に良いが、欧米は食べ過ぎると良くない?

いろいろありえますが、とりあえず2つ。

仮説①

・欧米は揚げ物が多い

・アジアは、蒸したり、焼いたり、炒めることが多い。日本では刺身も多い。

一般的に揚げ物の健康への悪影響は証明されており、これが魚の良さを帳消しにしてしまったのではないか。

つまり、調理方法が原因の1つ。

仮説②

・欧米は、脂分の多い魚を食べる割合が多い。(大型魚ってことでしょう)

・アジアは、淡白な脂分の少ない魚を食べる割合が多い。(小、中型)

メチル水銀やポリ塩化ビフェニルなどの有害物質が、脂分の多い魚に多く含んでいる。したがって、その割合が多い欧米は魚食が増えると死亡率が上がる、という仮説。

つまり、食べる魚の種類の相違が原因の1つ。

 

しかし、魚食の絶対量は、米国を始めとする欧米よりも日本の方が多いため、この仮説には異論も多いようです。

「海洋汚染により魚を食べると健康に悪い」という意見をしばしば耳にします、まだ仮説の段階と言って良いと思います。理屈としては理解できますし、確実に悪いというデータが出てからだと遅いじゃん!と考える方は、今から魚食を控えておくという方針も一つの選択肢です。

 

ということで、少なくとも、日本において魚を食べることは「赤身肉」を食べるほど悪いことではなく、むしろデータ的には健康にポジティブな影響がある、というのが今現在のエビデンスです。