布施淳です。

オリーブオイルが身体に良いことは、よく知られた事実です。

このブログでも何度か触れたことがあります。例えば、

野菜たっぷり和食にオリーブオイル

 

油の過剰摂取に注意と

 

さて、自分の外来患者が、同じ病院の栄養部で栄養指導を受けてきて、こんなコメントをもらってきました。

 

「安心な油はない。オリーブオイルなど健康に良いと言われている油も過剰摂取につながる使い方では効果なし。」

(報告書の原文のまま)

 

要は、油の過剰摂取を控えるように、管理栄養士の先生に指導されたそうです。

 

まあ、何でも摂りすぎはよろしくないのは、当然ですが。

 

 

オリーブオイルは1日どの程度摂取して良いのか?

具体的な摂取量は、報告書には記載されていませんでした。

それでは、オリーブオイルはどのくらい摂取しても良いのでしょう?

 

The role of olive oil in disease prevention: a focus on the recent epidemiological evidence from cohort studies and dietary intervention trials

Br J Nutr. 2015 Apr;113 Suppl 2:S94-101. doi: 10.1017/S0007114514003936.

 

この論文で紹介されているスペインのコホート研究では、健康な29-69歳の41,438人(男性15,632)を約13年追跡。

 

オリーブオイルを15g/日ほど摂取している群は、全く摂取していない群よりも

全死亡が12%低く、心血管疾患死亡が13%低い、

 

オリーブオイルを20g/日ほど摂取している群は、全く摂取していない群よりも

全死亡が17%低く、心血管疾患死亡が23%低い、

 

オリーブオイルを25g/日ほど摂取している群は、全く摂取していない群よりも

全死亡が20%低く、心血管疾患死亡が29%低い、

 

オリーブオイルを30g以上/日摂取している群は、全く摂取していない群よりも、

全死亡が25%低く、心血管疾患死亡が44%低い、という結果でした。

 

 

 

また、以前もこのブログで触れたこの論文。

 

Primary Prevention of Cardiovascular Disease with a Mediterranean Diet

 

動脈硬化危険因子を有する55-80歳の7,447人(57%女性)。5年間の追跡で、地中海食に加えてオリーブオイルを多く摂取した群は、そうでない群よりも心臓血管系のトラブルが30%低かったという結果でした。オリーブオイルを多く摂る群は1リットル/週を推奨されていたようですが、論文をよく見てみると結局約50g/日摂取ほどだったようです。

つまり、オリーブオイル50g/日で、心臓血管系トラブル30%低下、ということです。

 

 

結論:オリーブオイルは、少なくとも30-50g/日くらいはOK

 

2つの比較的大規模な研究からは、このような結論になります。

以前読んだ下の本には、「サラダにかけるオリーブオイルの250ボトルを1週間で使い切るほどたっぷりかけます。」という記載があり、ずいぶん多いなと、びっくりした記憶がありますが、これらの臨床研究の結果をみると、別に大したことではなかったと改めて思います。

オリーブオイルの研究論文をもっと検索すると、もっと量の多いやつも見つかることでしょう。その際は、また報告します。

 

 

あ、、この本に関するブログ記事もありました。

No salad, no life!