るこんにちは。布施淳です。

 

今やなくてはならないコミュニケーションツールとも言えるSNS。

非常に便利なものですが、反面、SNSによるいじめや、いわゆる炎上など、ネガティブな面もあります。

 

 

SNSに、ネガティブな言葉を書き込む人たちが多いエリアの特徴は?

Twitterに書き込んだつぶやきと、その人がつぶやいた土地の疾病統計の関係を調べた論文。

 

Psychological Language on Twitter Predicts County-Level Heart Disease Mortality

    Psychol Sci. 2015 Feb; 26(2): 159–169.

 

アメリカ各地のTwitterのつぶやきを8億ほど収集し、そのうちつぶやいている場所(郡)を同定できた1億5000万ほどのつぶやきを解析。怒り、ネガティブ感情、ネガティブ関係、不安、退屈などのネガティブな言葉たち、あるいは、ポジティブ感情やポジティブな関係、エンゲージメントなどのポジティブな言葉たちなどに分類しました。

一方で、CDC(米国疾病予防管理センター)や米国国勢調査局から、その郡の同時期の心疾患のデータや、人口統計、健康リスク因子を収集。双方を比較しました。

 

 

 

Twitterの言葉と、つぶやいたエリアの死亡リスクとの関連

Twitterの言葉が、そこのコミュニティレベルの心理的特徴を示し、心臓病による死亡リスクと関連していました。

ネガティブな感情(特に怒り)や否定的な言葉は、そこの郡の心臓病による死亡リスクの増加と関連し、ポジティブな感情はリスクの低下と関連していました。Twitterより予測される心臓病による死亡リスクは、タバコや糖尿病など代表的な危険因子よりも精度の高いものでした。

 

各因子と、心臓病による死亡との関連を示したグラフです。グラフが長い方が関連が強いということを意味します。Twitterが最上位です。

 

 

この図は、CDCによる郡別の心臓病による死亡率の分布と、Twitterより解析した郡別の心臓病による死亡率の分布です。大変似ています。CDCのデータはコストも手間も大変かかるものです。一方、Twitterのデータ解析という、比較的安価で簡便な方法で、精度高く心臓病の死亡リスクを予測できるということです。

 

 

 

ネガティブなつぶやきを促す環境が、健康をも害する

この論文の解釈の注意点は、ネガティブなつぶやきをした人が心臓病で死ぬということではありません。ネガティブなつぶやきをしている人がたくさんいるエリアの人たちが心臓病で死ぬリスクが高いということです。

不思議ですね。

ネガティブなつぶやきをしたくなるような社会、環境が、そこの人々の健康を害するということなのでしょう。

 

日本で、ネガティブな書き込みが多いとすると、それは日本社会の不健全さの反映です。ポジティブなことを自然と書き込み合えるような世の中にしたいですね。

 

また、リアルなコミュニティすなわち、学校や、会社や、その他様々なコミュニティでも、ネガティブな発言や態度が多い環境は、そのコミュニティの不健全さ、ストレスを反映し、そこに属する人たちの健康状態の悪化につながるのかもしれません。

 

ポジティブな環境づくりをしていきたいです。