おはようございます。布施淳です。

 

三軒茶屋の栄通りに行く用事がありましたので、近くのパン屋、ボヌール 栄通り店 に立ち寄りました。

もちろん、お目当ては、、、

 

全粒粉パン!

 

ありました。全粒粉食パンです。

 

 

商品のラベルには、全粒粉の配合割合の記載はありません。

諸事情で、写真はナナメ笑。

 

 

なので、そばにいらした若い女性の店員さんに、全粒粉配合割合を尋ねてみました。

わからなかったようで、答えられず、レジの奥に戻って行きました。他の店員に聞いているか、もしかしたら、電話で(おそらく本店に)尋ねていたかもしれません。

 

しばしの待ち時間の後に、戻っていらっしゃいました。

 

「お待たせしました。他のお店よりも少なめなんですけれど13%です。」

 

と、少し恥ずかしそうに、苦笑いな感じの表情で、教えてくれました。店員さんも、少ないなあって思ったんでしょうね。

 

結論:ボヌールの全粒粉食パンは、全粒粉含有13%。

 

 

ボヌールの、ホームページを見たら、ちゃんと13%って書いてありました。

 

(http://boulangerie-bonheur.jp/) 

 

 

 

 

全粒粉13%使用が、どの程度健康に良いのか?

 

店員さんがおっしゃっていたように、13%という数字は、確かに、少なめ。

他のお店の全粒粉配合率は、、、例えばこの記事。

パン専門店なら、20%、25%とか、80%とか。まあ、10%のところもあったけれど。

 

全粒粉入りパンの全粒粉含有率は何%なのか?

その他、この記事にも。

http://junfuse.com/170803/

http://junfuse.com/170726/

 

 

さて、ボヌールのHPでは、「健康志向の方にオススメ!」と謳っていますが、

全粒粉13%使用が、どの程度健康に良いのでしょうかね。ちょっとだけ調べてみましょう。

 

写真は8枚切り。おおよそ、50gくらいでしょう。単純計算で全粒粉は50gx13%=6.5g。

水分などもあるでしょうから、実際はもっと少ないでしょうが。

 

下は、Circulationという医学雑誌に出ていた全粒粉と死亡率の関係を調べた論文の図。

 

Circulation. 2016;133:2370-2380.

 

縦軸が死亡率、横軸が全粒粉の1日あたりの摂取量。

 

このパン1日1枚食べるとすると、、6.5gなので、、、まあ、僅かに死亡率が下がることになりますね笑。

因みに、アメリカのガイドラインの全粒粉推奨摂取量の目安は、少なくとも1日48g(3サービング)です。

 

「健康志向の方にオススメ!」の言葉は、正直、嘘かと思ってたら、まあ嘘とは言えませんね。すいません笑。

 

でも、消費者は、もっと含まれていると思ってますよね、多分。店員さんの恥ずかしそうな反応が、それを物語っていると思います。購入するときにわかるように明記してくれるとありがたいです。