おはようございます。布施淳です。

 

griotte グリオット

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13149820/

自宅近くのパン屋。こじんまりしたおしゃれなパン屋だけど、階下にカフェスペースもあります。

 

そして、ここにもあります。全粒粉商品。

全粒粉フォカッチャ Focaccia integrale

ローズマリーがまぶされた商品もあります。

 

 

さて、この全粒粉フォカッチャ Focaccia integrale。

全粒粉の含有割合をお店の方にお尋ねしたところ、20% ほどとのこと。

本当は50%くらいにしたかったんだけど、うまく焼けずに20%に止まったんだそうです。

 

「全粒粉 フォカッチャ」でググると、高割合のレシピがいくらでも出てくるけれど、自宅で作るのと、大量に「商品」を作るのとでは難しさが違うのかもしれません。

全粒粉80-85%パンをこのブログでも紹介しましたが、そのようなパンとフォカッチャは、製造工程が違うのでしょうか。

google先生によると、フォカッチャはイタリアのパンで、ピザの原型。タンパク質含有の高い小麦粉(強力粉)を使用することが多いようで、硬い食感になります。オリーブオイルを使用することもあるそうです。

通常のパンと著しく製造工程が異なることはないように思いますし、硬い食感という意味では、全粒粉と相性良さそうですが。今度お店の人に聞いてみます!

技術進歩とともに、少しづつでも割合をあげてもらいたいです。