こんばんは。布施淳です。

広島の呉への出張からの帰途、新幹線車中です。

 

だしの自販機

呉駅前にはこんな自動販売機があります。この夜間に写した写真は昨年2016年7月のものです。

「だし」の自動販売機はなかなか稀なので、つい撮影しました。

「あご」とはトビウオのことです。Wikipediaによると、九州や日本海側では「あご」という名前を使うらしいです。

 

実は、2014年に呉に初訪問した時が、この自販機との最初の出会いであり、その時は自販機の撮影はしませんでしたが、つい購入してしまいました笑。自宅でどアップの記念撮影。中に浸っているのが、焼きあご。

 

 

そして、今回の呉訪問でも、やっぱりありました! なぜか、ホッとしたり笑。

 

 

おや、なんだか製品のラインナップが増えています。

 

 

 

だし道楽PREMIUM!!!!

 

 

「だし道楽」とは

PLEMIUMが増えて、進化しています!

気になって、「あごだし」でググってみると、この自動販売機は結構有名らしいです。

だし道楽とは、広島県呉市にある「だしが自慢なうどん屋」のこと。有限会社二反田醤油直営で、「だしの自販機でおなじみ」とのことで、どうやら自販機を上手に宣伝に活用している会社のようです。おそらく、日本でオンリーワンの「だし」自動販売機でしょう。それを、東京から九州まで自販機設置の全国展開をしています。そういえば、溝の口の駅のそばで目撃して驚いたことがありました。

だしの自販機設置場所

 

 

だし道楽PREMIUM

だし道楽PLEMIUMは、焼きあご入りではなく、宗田節入りのだしのようです。

宗田節とは、、、、株式会社ウェルカムジョン万カンパニーによると、

宗田節とは、メジカ(別名ソウダガツオ)からつくられた魚の節のことです。メジカは鰹に比べ血合いが多いため、コクのあるだしが出て、香りも濃厚。煮物など、しっかりした味付けをする料理によく合います。

だそうです。

だし道楽PLEMIUMの宣伝文句も「コク深く、豊かな薫り」です。

 

DO NOT DRINK、、、確かに!!

だし自販機の希少性、それを活用した全国への設置による宣伝、進化に余念がないPREMIUM。なかなかアイデアマンでやり手の社長さんと見ました。HPには、”Do not drink. This is a vending machine of dashi.” と書かれており、確かに日本語が読めない外国の方が、謝って飲み物と思って購入してしまう可能性はありそうです。焼きあご入りで、visual的にインパクトありますから、外国の方の購入欲もそそりそうですよね。呉から世界進出を狙っているのかもしれません!!頑張れ、だし道楽!頑張れ、だし自販機!

 

だし道楽HPより)