こんばんは。布施淳です。

 

ふるさと納税で、届きました!

 

 

ブルーベリーです!

割と大粒で、酸っぱくないし、美味いです。

岩手県、北上市からです。

 

しゅうブルーベリー園 http://cotacafe.sakura.ne.jp/wordpress/

 

 

ブルーベリーは、糖尿病予防に良い

 

果物は、食物繊維、抗酸化物質、ファイトケミカルなどが含まれ、身体の健康に良き作用をもたらします。

ブルーベリーは、中でも優秀な果物なのです。

例えば、この論文。

 

Fruit consumption and risk of type 2 diabetes: results from three prospective longitudinal cohort studies (BMJ 2013;347:f5001)

 

3つのコホート研究を合わせ、計18万人以上の男女を対象にした米国の研究。

週に3サービング(サービング→概ね1カップ、一人前)のフルーツを食べていると、糖尿病になる確率が低率という結果です(生活習慣等調整できる因子は調整しています。)。

 

フルーツ別の糖尿病罹患の確率は概ね、

 

ブルーベリー    26%低下

ぶどう、レーズン  12%低下

プルーン       11%低下

りんご、梨     7%低下

バナナ       5%低下

フルーツジュース  10%上昇

 

グレープフルーツ、桃、プラム、あんず、オレンジ、いちご は有意な低下はありませんでした。

ちなみに、フルーツジュースの場合は、糖尿病になる確率が10%高くなります。

 

 

フルーツジュースはフルーツじゃないですよ

 

市販のフルーツジュースの多くは、良い成分の食物繊維、抗酸化物質、ファイトケミカルなどなどが削ぎ落とされていきます。そのような成分は、ジュースにする際に、取り除かれる皮とか皮の近傍とか、筋とかに多く含まれていたりします。結果、ジュースには、糖分ばかり残ってしまい、上記のように糖尿病になる確率が上がると推測します。

ブルーベリーは、皮ごと、丸ごと食べるから良いのでしょうね、きっと。丸ごと食べるいちごが、あまり成績がよくないのが不思議ですが。。。

 

フルーツジュースを飲む習慣のある人は、丸ごとフルーツを食べる習慣に置き換えると良いです。

 

下図は、上記論文のグラフの1つです。

週に3サービング(3カップ 約240mlx3)フルーツジュースを飲んでいる習慣を、3サービングのフルーツに変えた場合の、糖尿病に罹患するリスクを示したグラフです。下に長いほど、リスクが低下するという意味です。ブルーベリーはやっぱりトップの低下率です。優秀です。

 

 

まとめ

フルーツジュースなど、フルーツを加工したものの多くは真のフルーツではありません。様々なフルーツが、糖尿病予防の効果を有しているようですが、中でもブルーベリーは相対的に効果が高いです。小腹減った時につまむのにも良いサイズですし、オススメです。岩手県北上市、ありがとう。