「まごわやさしい」だし、豆は身体に良さそうですが、一方で、悪いという意見も一部にはあります。

 

疫学データはどうなっているのか調べてみました。豆の研究は結構少ないです。その中でも大きめの研究。

http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(17)32253-5/fulltext

 

Lancetという一流医学雑誌に掲載された論文。18か国13万人もの前向きコホート研究。

下の図はその結果の表の一部で 、豆の摂取頻度と疾患・死亡リスクの関係を示しています。

 

 

豆の摂取頻度を以下のように5群に分けています。

 1サービング=調理した豆150g と定義しています。

 

・月に1サービング未満

・月に1サービング以上、週に1サービング未満

・週に1サービング以上、3サービング未満

・週に3サービング以上、7サービング未満

・日に1サービング以上

 

この5群のうち「月に1サービング未満」群のリスクを1として、その他の群の相対リスクを示しています。

1の部分にある縦線より左側に黒い点があれば、相対リスクが低いことを示します。

 

「月に1サービング未満」つまり、豆をほとんど食べない群に比べて、豆をよく食べている群は概ね病気になるリスクや、死亡リスクが低いことがわかります(だいたい、黒い点は縦線より左にありますよね)。

 

特に一番大事な「全死亡」は統計学的に有意に低下しています。豆料理を毎日150g以上食べている人、全く食べない人よりも26%死亡リスクが低いです。

 

他のメタ解析の論文でも、豆を多く食べている人の方が、少ない人よりも死亡リスクが低かったです。

https://www.hindawi.com/journals/bmri/2017/8450618/

 

【結論】豆は身体に良い! ただし、どのくらいまで食べて良いのか不明w