こんにちは。布施淳です。

ABCといえば、救急医療なら

 

A:Airway  気道

B:Breathing 呼吸

C:Circulation 循環

 

です。医療者にとっては非常に重要なフレームワークです。

 

頭がピンク色の中高生男子なら、

 

A:

B:♥♥

C:♥♥♥

 

となります。中高生にとっては非常に重要なフレームワークです笑。

 

レジリエンスが必要な、我々現代人にとって重要なフレームワーク「ABC」の1つは、、

 

A:Adversity  逆境(Activating event出来事)

B:Belief 思考・信念

C:Consequence  感情的、行動的結果

 

です。

例えば、なんらかのトラブル(A)が生じて、反射的に、無意識に、不快な感情(C)を抱きます。Cは、一言で表せることが多いです。前回触れた「ネガティブ感情」がその典型です。

 

・怒り

・悲しみ

・罪悪感

・不安

・羞恥心

 

トラブル(A)から、直接、感情(C)が発現されていると思いきや、しかし、AとCの間には、感情を生み出す思考とか信念(B)が、実は存在します。そのBの一例が、前回の

 

自分に関する権利侵害 → 怒り

大切なものの喪失 → 悲しみ

他人の権利侵害 → 罪悪感

未来への脅威 → 不安

他者とのネガティブな比較 → 羞恥心

 

であったりします。Bにも様々な種類があります。表層的な思考や、奥深い思考、信念。

ある出来事に対し、自分の抱いた感情は、自分のとった行動は、どのようなBに基づくものなのか?

と自分をメタ認知したり、内省したりすることが、レジリエンスへの第一歩です。