おはようございます(ハイタッチ笑!)。布施淳です。

 

最近、「レジリエンス」という言葉をよく耳にします。

 

ウィズダム英和辞典には、

 

resilience, -iency /rizɪ́liəns/ /-si/ 名詞

1 (病気やショックからの)回復力.2 〘物理〙弾力(性); 跳ね返り.

 

とあります。

 

 

ウィキペディアを調べてみますと、

 

レジリエンス(resilience)とは、「精神的回復力」「抵抗力」「復元力」「耐久力」などとも訳される心理学用語である。心理学精神医学の分野では訳語を用いず、そのままレジリエンス、またはレジリアンスと表記して用いることが多い。「脆弱性 (vulnerability) 」の反対の概念であり、自発的治癒力の意味である。」

との事です。

 

 

ポジティブ心理学で著名な宇野カオリ先生によると、レジリエンスの定義は乱立していて、120!を超える定義が存在するそうです笑。

 

おまけに、ポジティブ心理学においては、resilienceとresiliencyは意味合いが異なるそうです。

・resilience:火事場の馬鹿力的な一時的なエネルギー。認知行動療法分野での研究が進んでいる。

・resiliency:一生持っている特性 絶えず持っている力。ポジティブ心理学で取り扱われる。

 

 

宇野先生は、レジリエンスを「木」にたとえて3つのカテゴリーで説明してくれました。

 

① 頑丈な根っこ

太く頑丈な根を張り巡らすことにより、雨・風などに対しても揺るぎない安定を堅持します。

Resilience 1根っこ

 

② しなやかさ

強風などに煽られ靡いても、折れたりせずに、元に戻ります。復元力。弾性力。

102s

 

③ 回復力

強風などで煽られ靡いて、倒れてしまっても、その後如何に回復してくるか。また芽が生えてくるか。心的外傷後成長と言われるような現象もこの範疇に入ってきます。

resilience 芽 たけのこ

 

 

頭が整理されます。抵抗力とか、耐久性とか言っても、バリエーションがあります。各々のカテゴリーでのタフさを持てれば良いですね。

 

レジリエンスという概念で、自分がよく想起するのは映画「ターミネーター」です。特に「ターミネーター2」の液体型ターミネーターはレジリエンスがハンパなかったなと思うのです。この液体型ターミネーターは下記写真の如く②しなやかさ主体ですが、高い硬度の個体状態にも変化しうるので①の要素も有します。攻撃されて粉砕されて、粉々にされ飛び散った液体からまた、そこからもぞもぞと集まって復元していきますから、③も有するとも解釈できます。レジリエンスの塊です笑! ちなみに、シュワルツネッガー演じたオリジナルのターミネーターは①主体のレジリエンスでしょう。

自分にとっては、液体型ターミネーターがレジリエンスの師匠です!

 

E05CF0F1-7903-47BD-8B2D-D306AA9830EE

69442642-0A9B-4BB6-A48D-946492787FF1

Carolco Pictures / Pacific Western

BB5305C6-C411-4DFA-8D9D-512BD4B06125

http://s-graphix.com/tips/metal/index.html