おはようございます(ハイタッチ笑!)。布施淳です。

 

ポジティブ心理学を勉強しています。

健康や長寿にも関連するとも言われ、医師としても興味を抱く分野です。

ポジティブ心理学というと、ニコニコして、ポジティブ思考で過ごそう!というイメージ笑。でもそれは、ほんのごく一部のようです。

 

 

ポジティブ心理学とは?

 

① Survive:なんとか生きている状態

② Live:可もなく不可もなく生きている状態

③ Thrive:最高・最善に生きている状態

 

「生きる」状態をこの3つにカテゴリー分けしてみると、通常多くの人は②のLiveにとどまっています。ポジティブ心理学は、②Liveから、③Thriveを目指す学問のようです。今の自分ではない自分を目指す、ということです。包括的な幸せ「ウェルビーイング」、より高度な「ウェルビーイング」を目指します。

 

thriveとは、聞きなれない単語でした。ウィズダム英和辞典を調べてみますと、

 

thrive /θraɪv/〖語源は「つかむ」〗

動詞~s /-z/ ; ~d /-d/ , ⦅まれ⦆throve /θroʊv/ ; ~d /-d/ , ⦅まれ⦆thriven /θrɪ́v(ə)n/ ; thriving

自動詞⦅かたく⦆

1 〈動植物子供が〉 «…を食べて» よく成長する, すくすく育つ «on»

2 〈会社事業などが〉栄える, 繁栄[成功]する

 

だそうです。

 

 

 

「ウェルビーイング」を目指す、を、より具体的に言うと、「ウェルビーイング」を構成する「PERMA」の各要素の向上を目指します。

PERMA
P :ポジテイブ感情(positive emotion)
E :エンゲージメント(Engagement)
R:関係性(Relationships)
M:意味・意義(Meaning)
A:達成(Achievement)

Slide1-1

( 日本ポジティブ心理学協会HPより)

ポジティブ感情を有しているか?これが言わば多くの人がイメージする(誤解する)”狭義の”ポジティブ心理学と言えるかもしれません。何かに没頭、集中しているか?他者との良好な関係を有しているか?人生の意味、意義、目的を有しているか?何かを達成しているか?

そのPERMAの根底にあるのが「強み」であり、PERMAを促進させる要素に「レジリエンス」があると言います。

「強み」に関しては、最近このブログでも何度も取り上げている「ストレングス・ファインダー」も多いに活かせます。

 

 

以前、見たTEDを思い出しました。

「メグ・ジェイ:30歳は昔の20歳ではありません」

人生において20代は非常に重要な10年間であるという話。この10年を何となく過ごしてしまい、30代以降にそのしわ寄せがきてしまっている人が非常に多い。20代で良き選択をすることは、その後の人生に絶大な影響を与える。といった話。そして、

20代のうちにやっておく3つのことは、

① アイデンティティ・キャピタルを築く
② ゆるい繋がりを作る
③ 家族を選ぶ(結婚)

 

と訴えています。

ちなみに、「アイデンティティ・キャピタルを築く」 とは 自身の価値を高めるようなことを するという意味です 。

 

これらの要素は、すべてPERMAに含まれています。「アイデンティティ・キャピタルを築く」こと こそ自らの「強み」を見極め、それを磨き、活かすということです。ゆるい繋がりは「関係性」であり、家族を選ぶことは、関係性における「達成」でもあるかもしれません。

 

ポジティブ心理学は、老いも若きも、あらゆる年代に活かせそうな概念です。