おはようございます(ハイタッチ笑!)布施淳です。

最近、ストレングスファインダーにハマっています。

 

人には「思考や行動の癖」があります。無意識のうちに自然ととる行動パターン、思考パターンがあります。この本では、そのような癖やパターンを34個挙げています。これを「資質」と呼んでいます。この遺伝子に染み込んだとも言える「資質」をうまく活用したり磨くことで、「才能」そして、「強み」になるのです。「才能」は、経験して身についた能力とは異なります。もっと強力な力です。ストレングスファインダーとは、その自分の「資質」を探し当て、それを「才能」として活かして、「強み」にしよう!というコンセプトの本です。

 

この本を購入すると入手できるアクセスコードを使い、開発元のGallup社のHPにアクセス。約180問の質問に答えることで自分の「資質」のTOP5がわかります。

こちらを参考に。→ https://strengths-labo.com/strengthfinder/strengthfinderdetail/#sf02

自分のTOP5はこんな感じでした。

 

1. 責任感Responsibility
自分がやると言ったことは何でもやり遂げる
2. 調和性Harmony
同意点を求める。衝突や摩擦から得るものはない 
3. 学習欲Learner
学ぶプロセスに心を惹かれる
 ・
4. 回復志向Restorability
問題を解決することが大好き
 ・
5. 個別化Individualization
ユニークな個性に興味をひかれる
 .
.
.

確かに、当たっています。責任感はあると思います。あまり周りの人と対立したり、争ったりすることは好きではありません。いい年齢ですが、いろいろと学ぶことが好きです。こんなブログもしていますし、ストレングスファインダーも学び中ですし笑。医師業務は、問題解決業務かもしれません。個性を尊重しますし、人それぞれで良いですし、むしろ人と同じなのはあまり好きではありません。ということで、このTOP5は結構納得です。実は、ここまでは1-2年前から分かっていました。

 

そして、この度、追加投資($74)して、自分の全34資質を調べてみました。重要なのは、Top5と、Bottom5です。Top5は「強み」、Bottom5は「弱み」。Top5の資質は積極的に活かし、Bottom5は、頑張っても無理だから諦めろ、ということです。例としてよく挙げられるのは、象の編み物です。猿に編み物習わせれば出来るようになるかもしれない。しかし、象に編み物を習わせても絶対に出来るようにならない。Bottom5とは、象の編み物みたいなイメージで、努力が報われない、仮に報われたとしても、効率がとても悪いのです。ちなみに、象には、身体がでかいとか、長い鼻がとても器用とか、別の「強み」があります。

 

さて、自分のBottom5。がっかりですが、めちゃくちゃ思い当たる。興味深いです。

 

30. 社交性Woo
知らない人と出会い、自分を好きになってもらうのが大好き
 ・
31. コミュニケーションCommunication
話術に優れ、物事を印象的に説明するのが上手
32. 原点思考Context
過去や原型について考えるのが好き
 ・
33. 指令性Command
状況の主導権を握り、決断を下す
 ・
34. 戦略性Strategic
目的に向かうための選択肢を想定することができる

 

社交性、コミュニケーションが含まれており、完全にコミュニケーション障害です笑! さらに、指令性や戦略性がドンケツですし、リーダーとか、人の上に立つ才能は全くない笑!! あー、やばいです。「コミュニケーションスキルが高く、リーダー的な存在」、、、自分の憧れる像ですが、まーーーーーーーーーーったく、その才能がないことが明らかになってしまいました。ショックですが、しょうがないです。

 

これでも、高校の時は、クラスのキャプテン的な役職も担いました。大学ではラグビー部のキャプテンも務めました。今現在でも、仕事で多くの若者が下で働いてくれています。とあるコミュニティの責任者もしています。

 

でも、これらの役割や仕事は、自分でやりながらも、自分向きではないと思いながらやってきたような気がします。Topに立つ才能ないなーとか、正直感じたり。自分の中ではチャレンジングな経験だったりします。社交性、コミュニケーション力が低く、指令性や戦略性がドンケツなら、納得です。不向きな業務に、無駄な努力をしてきたという見方は当然できます泣。

 

このBottom5を把握せずにやってきたわけですが、薄々センスのなさを感じていた。にもかかわらず、なぜ、自分はそのような役割を担ってきたのでしょうか。それは、Top1の「責任感」なのだと思います。そして「学習欲」でリーダーシップスキルやコミュニケーションスキルを学び、補い、人並みに近いくらいまでに?なり、「調和性」で無難にまとめる笑。

 

「強み」で「弱み」を補っているのだと思います。この「強み」「弱み」を自分でよく把握しておくことで、自分の言動をもっともっと知ることが出来ますし、もっと戦略的な生き方ができるような気がします。自分は戦略性はドンケツですが笑。このストレングスファインダーの概念、人生に於いて大変重要なものではないかと感じている次第です。もっと勉強してみます(→学習欲)。