おはようございます。布施淳です。

久しぶりの更新になります。12月後半からのこの約1か月半はなかなか忙しかったです。通常の日常業務に加えて、自分のキャパ的には盛り沢山の日々。統計学勉強会2日間、JMECC(日本内科学会救急対応講習会)1日間x2回、ACLS(日本循環器学会二次救急対応講習会)2日間x2回、BLS(日本循環器学会一次救急対応講習会)1日間x2回、AMLS(北米救命士協会救急初期対応講習会)2日間x1回、PALSインストラクターコース受講(小児二次救急講習会)1日間x1、ACLS-EP(ACLSの上級コース)1日間x1、ナースプラクティショナー養成の大学院の授業(新規テーマの授業90分x3)。年末は台湾旅行。加えて、常識不足の自分に社会勉強として課したFP(フィナンシャルプランナー)試験受験、、、、。指導側の立場、学習者側の立場、どちらもそれぞれに大変ですが、自分の専門カテゴリーでない部分への取り組みもあり、アウェイ感を感じること多々。ようやく一山超えました。歳のせいか、疲れが抜けるのに時間がかかります笑。でも、また2月から戦い笑が始まります!

 

まあ、そんな中、野球界のスーパースター清原和博の覚醒剤事件が報道されました。自分も甲子園のKKコンビを目の当たりにしていた世代ですので、インパクトは大きいです。話題性抜群ですから、各メディアは連日取り上げまくり。スポーツ新聞も連日一面トップです。自分はあまりテレビは観ないのですが、目覚ましテレビの紙兎ロペはよく見ます。その朝のテレビ番組でも頻回に取り上げています。

 

生活の全てを捧げていた「野球」を現役引退し、感じる喪失感。仕事がうまくいかないようですと、尚更ストレスが増幅され、心の隙ができるのでしょう。覚醒剤使用で多い年代は40代、50代だそうです。そのようなストレスを感じ易いタイミングの世代です。そして特に清原のような一流野球選手は、お金はありますから、甘い誘惑の手が容易にそして巧妙に近づいてくることが当然あるのでしょう。何度も取り上げている「依存症ビジネス」の最たるものが麻薬です。昨年11月にも野球賭博事件の際、取り上げました。関連記事は以下。

 

「依存症」という観点で周りを見渡してみよう

http://junfuse.com/141229/

 

テレビで目にする友人・知人らのインタビュー。「残念」というコメントが主流ですが、中には「何やってんだ、、、、」「バカ野郎」といった怒りのコメントもあります。業界の、そして子供達の手本にならなければいけない存在にもかかわらず「犯罪」を犯してしまうことは最悪なことですし、何を言われても言い訳はできません。

 

薬物依存へ陥るきっかけは、様々なストレスによって生じる「心の隙」です。人は弱いです。そして様々な甘い誘惑や巧妙な罠に、容易に陥ります。清原のように世界を極めたプロフェッショナル、そしてその後の立ち位置とのギャップ。同じような立場に立たされて、甘い誘惑や巧妙な罠に陥らないと自信を持って言える強靭な精神力の人はどのくらいいるでしょうか。

 

清原の肩を持つわけではありません。清原は悪いです。厳罰に値します。でも、他人事ではないです。レベルは違えど、誰もが同じように心の隙が生じることがあります。凡人には、甘い誘惑や巧妙な罠の仕掛けは近づいて来づらいです。金がありませんから笑。金がないところに悪い人は興味を抱きません笑。誰が、清原を心底非難できるでしょうか。人は、誰でも弱いです。薬物を排除できない社会のシステムエラーという切り口もあるでしょう。

 

そして、誰もが生じるであろう「心の隙」を埋めるのは、「人」です。友人であり、知人であり、家族であり。清原に対して、友人として怒りのコメントをする気持ちもわかります。でも怒りと共に、「自分がなぜ清原の「心の隙」を埋めてあげることができなかったのか?」という、友として自責の念を抱いてもらいたいのです。KKコンビの桑田真澄はそのようなコメントを出していました。

「一切関係を持たないでほしいと言われ、連絡を絶った云々、、、、、、小姑のように言っていたのが小言に聞こえ嫌気がさしてのでしょう。もう少し僕が言い続けていたらよかったのかなという思いはある」

多くの人がコメントとして報じられてはいないにせよ、心の中では桑田のような思いを持っているのかもしれません。

 

 

このような悲しい事件を繰り返さないために、薬物根絶の社会システムを構築していく必要があります。でもこれは簡単にできることではありません。一般市民がとりあえずできることは、互いの「心の隙」を埋めてあげることです。自分としても、周囲に「心の隙」を生じている人はいないか。改めて、そのような視点で人を観察したり、接してみたいと思います。それを埋めてあげるようなことができれば良いですね。まあ、自分も「心の隙」あるけど苦笑。40代だし。

 

あなたの周囲はどうでしょうか。