おはようございます。布施淳です。

世の中、禁煙の場所が少しづつ増えてきていますが、全くまだまだです。

禁煙の場所が増えて、新たに気になる問題が、「喫煙室」です。

駅の構内やビル内に見かける、喫煙専用の小さな部屋です。部屋の換気システムの程度によりますが、煙が蔓延して、劣悪な環境です。PM2.5も満ち満ちていることでしょう。喫煙者たちにとっても流石に気の毒なほどです苦笑。

喫煙ルーム

そして、その劣悪な環境は、非喫煙者にもふりかかってきます。三次喫煙というやつです。

喫煙が身体に悪影響を与えます。 → 一次喫煙

副流煙も非喫煙者に身体的悪影響を与えることが示唆されています。→ 二次喫煙

劣悪環境の喫煙室に入っていた喫煙者の服などにタバコ臭が付着し、喫煙室から出てきた後も、周りにタバコ臭を撒き散らす、これが三次喫煙です。新幹線乗車中に隣の客が喫煙室から戻ってきた際には、著しいタバコ臭を感じることが多々あります。

このタバコ臭は、すなわち、残留タバコ成分です。これを総揮発性有機化合物(TVOC)として定量化することが可能だそうです。

例えば、こんなサイトに説明が出ています。

http://create.iri-tokyo.jp/results/vocguide/index.html

 

喫煙室に5分いるだけで、服や身体に付着した総揮発性有機化合物(TVOC)は、入る前の値の6倍ほどに増加したというデータがあります。

喫煙後も、喫煙者の身体から、微量ではありますが、タバコ煙粒子からガス状有害物質が揮発しているということです。

三次喫煙による、身体への悪影響は明らかではありませんが、いわゆるタバコ臭は周囲の人に不快な気分を与えることが少なくありません。

喫煙室は喫煙者自身にとっても、非喫煙者にとっても、望ましいものではありません。廃止の方向で進めてほしいものです。

 

喫煙室を利用する方も、ご自身の服や身体に付着した臭いのことを意識して頂きたいと思います。

臭いは、自分ではなかなか気づきません。

香水や、体臭、おやじ臭( 苦笑)などもそうですよね。