おはようございます。布施淳です。

こんな、刺激的な(タイトルの)本があります。

資格を取ると貧乏になります (新潮新書) 
佐藤 留美  (著)
.
2Q==
.
弁護士 、公認会計士、税理士、社会保険労務士、、といった資格であっても、今の時代はそれぞれに厳しい環境である。資格さえとれば生計が立ち、社会的地位も安泰、、、ということはない。本当に自分が目指したい道であるか否かが重要である、という感じの内容でした。別に、資格を取ると貧乏になるわけではないし、個々のやりようであり、要は資格取得がスタートということ、と解釈した。
.
.若干、タイトル負けしています笑。結局、タイトルでインパクトを得ようとした戦略に、僕がまんまとはまって、本を買ってしまっただけですね笑。
.
税理士の平均年齢は60歳を超えるといいます。へー、、、ずいぶん高いのねーと思ったのですが、先日とある若手税理士の方と食事をする機会があり、そんな話題をお話ししたら、「医師も高いですよね!」と言われました。
.
確かに。
.
厚生労働省の資料を見てみました。 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/12/dl/gaikyo.pdf
.
.
医師数グラフ
平成24年のデータでは、医師数は約30万人。ちなみに男性80%。
医療施設に従事する医師の平均年齢は48.9歳。病院は43.7歳、診療所は58.7歳です。
.
自分は病院勤務ですが、ああ、、平均年齢を超えてしまっている、、、と再認識。時の流れは速いものです笑。
病院には研修医含め、若手医師が多いので平均年齢は低めですが、診療所はやはり高いですね、税理士ほどではないですが。
.
先日、地域の母校OBの会に参加しました。開業医として地域医療に貢献している医師が多いです。80代でも現役で地域貢献している先生もいらっしゃいました。賛否あれど、一個人としてすごいことです。
.
また、最近伺った話しでは、なんの資格か忘れましたが(弁理士か、会計士だったか、、、? ※追記→ 一級建築士でした!!)、「80代でも現役バリバリの人が多い」ということを言っていました。「資格」パワーです。
.
「資格」や、独自のスキルがない人は、退職や、失業した後、再び職に就くことが難しい世の中になってきています。
.
先行きの見えない今後の世の中、「資格」はあてにならないという視点もありますが、「資格」が強力な武器になる、ということもあるなあ、と思うわけです。
.