おはようございます。布施淳です。

Exercise is a miracle drug!

 http://junfuse.com/140901miracle/

ということで、時々走っています。

毎朝走っていると足を痛めること数回苦笑、最近は間引いて走っています。

ランニング中に、様々なことに関して、ふと名案、アイデアが浮かんだりします。運動していない時間帯と運動している時間帯の割合と、名案が浮かぶ頻度を考えると、明らかに運動中のほうが名案が浮かぶ確率が高いと感じます。

以前、このBlogでも取り上げたこの本。

運動して脳を鍛えよう! http://junfuse.com/140808exerciseandbrain/

運動の脳への好影響 http://junfuse.com/141028brain/

 

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

nou

要は、運動で脳の働きがよくなります、ということです。

ランニング中も、脳の働きがよくなり、普段想起されないようなアイデアが浮かんだりするのでしょう。

さて、問題は、ランニング中にアイデアが浮かんでも、走り終わった時には、そのアイデアを忘れてしまう、思い出せない、ということが時々あります苦笑! ニワトリばりに、それを記憶し続けていられないのです!

基本的にiphoneを持って走っていますので、アイデアが浮かんだら、すぐにメモをとったり、音声録音したり、という方策がありますが、なかなかスムースではありません。

① iphoneを取り出す

②ボタン押す

③指紋認証

④アプリをタップ

といったプロセスを経なければいけません。

その上、メモ書きの場合、走りながらは難しいし、冬だと手がかじかんでいてうまく操作できないし、そもそもiPhoneは小さくてタイプしづらいし、手書きメモもそれほどの優位性は感じません。

音声録音もやはり走りながらだと、息が乱れていて、難しい感じですが、メモ書きよりはマシかもしれません。

ワンボタンでアプリが立ち上がり、耳に装着するマイクで呟いたら、Bluetoothで即座にアプリに送られ、テキスト変換までしてくれるアプリが良さそうです。ネットで検索していますが、まだ模索中。

想起した思いが、ウェアラブルデバイスにより、発声せずともiPhoneに送信されテキスト変換されたら便利ですね。でも悪用された場合のリスクや恐ろしさのほうが大きいかもしれません苦笑。

 

世界中のランナーたちも、同様の思いがあるかもしれません。ランニング中のアイデアをうまく拾い、埋もれることなく、もれなく活用できれば、世の中はもっとより良いものになるかもしれません!

 

駒沢も陽が昇るのが早くなってきました!

駒沢公園夜明け