今日は。布施淳です。

先日、とある用事でテルモメディカルプラネックスに行ってきました。医療機器メーカーであるTERUMOの総合医療トレーニング施設です。

ホームページによると、http://www.terumo.co.jp/company/about/pranex/

新たな医療技術の創造と普及を目指して設立された、総合医療トレーニング施設です。病院や居宅と同等の医療環境を再現した空間で、医療従事者の実践的なトレーニングや、商品開発のためのコラボレーションが行われています。」

だそうです。広大な敷地に、洗練された建物。すばらしい施設でした。

医療機器業界も競争が激しく、単なる商品の安売り戦争では限界あり、「教育」というオプションを付ける戦略なのでしょう。

日本を代表する医療機器メーカーですが、世界では20数位くらいとのことで、まだまだ世界的には弱小メーカーのようです。

でもTERUMO製品を日々使用している自分としては、その技術力は相当高いのではないかと思うこと多々あります。ラジフォーカスなるガイドワイヤーの性能はすばらしいと思います。世界的に有名な慈恵医大血管外科の大木教授も以前、日本が世界に誇れるものとして「トヨタ、イチロー、ラジフォーカス」と言っていましたし笑。

テルモメディカルプラネックスに行ったのとちょうど時を同じくして読んだ本。

 

経済の知識ゼロの超初心者の自分にとっては、基本事項の説明や仕組みが簡潔に記されていて読みやすいです。ちょっとわかった気持ちになります笑。情報は常に歪んでいる、元データ、白書、原著に当たれ、といった感じで、情報リテラシーに関しても得ること多いです。

マスメディアで日本経済の危機が叫ばれて久しいですが、この本は日本の秘めたパワーをポジティブに謳っており、とても元気をもらえます。日本経済の発展のためには、日本国民一人一人のリーダーシップで日本を支えていかなければいけません。他人事ではないわけです。

日本の優秀な会社、優良な企業を「株式投資」で支援することを勧めています。

一節を抜粋します。

日本の歩みと未来に投資家としてしっかりと関わることが、日本経済の一員である私たちの正しい振る舞いなのです。 なぜなら、日本人として日本に生きていくためには、日本という土壌が豊かでないかぎり、自分の生活は豊かにならないからです

 

TERUMOも日本を元気にし得る会社の1つと思います。日本人として、支えていきたいと思いました。株はさておき(苦笑)、まずは、身近な心臓カテーテル等で、TERUMOを始めとする日本が誇る高品質の製品を、より積極的に使用していこうと思いました。別に、TERUMOから何ももらっていません笑!