おはようございます。布施淳です。

Olive oil

紙袋に入った怪しい瓶。
シンナー?  ウイスキー?
いや、良く見ると紙袋は、くしゃくしゃだけど、成城石井!
おお!
Olive salada
ボトルの正体は、オリーブオイルでした!
職場に常備しています笑!
味気ないコンビニサラダに、ちょっとかけるだけで、豊かな味になります!
なおかつ、良質な油であるオレイン酸等一価不飽和脂肪酸、オメガ9を豊富に摂れます!
オリーブオイルが体に良いことに関しては、当ブログでも少しだけ触れています。
「心房細動予防に地中海食・オリーブオイル」
「野菜たっぷり和食にオリーブオイル」
ついでに、この本でオリーブオイルについてちょっと勉強しました。

エキストラバージンの嘘と真実

41ODupEd-0L._AA278_PIkin4,BottomRight,-44,22_AA300_SH20_OU09_
オリーブオイルは品種、栽培場所で香りも風味も全く違うそうで、その点ワインと類似しています。果実を押しつぶし、不要なものは除き、新鮮な果汁を搾り出すだけです。オリーブの実の自然な風味や香り、栄養素をオイルの中に保つことができるのです。
健康効果の成分は主に僅かに含まれるポリフェノールなどのマイナーな「微量成分」の一部と思われます。健康への効果の高さは、風味や香りなどの知覚特性の強さに比例し、即ち健康への効果は、最高級オイルからしか得られないという理屈にもなります。口に含んだ時の「辛みのある刺激」「苦み」や「果実味」が高品質の特徴だそうです。
「エキストラバージン」と表示され、製造場所の記載のあるものを選ぶと良いそうです。鮮度が命です。遮光瓶が望まれます。オリーブオイルの色にとらわれる必要はないそうです。黄色より緑が良いのかと思っていましたが、必ずしもそうでもないそうです。値段が高ければ優れたオイルであるとは限りませんが、1リットル10ドル以下は低品質の確率高いそうです。良き販売店を選ぶことも重要です。
この本によると、品質の低いオリーブオイルが相当数出回っているそうで、上記のような選択ポイントを我々消費者が留意しておく必要があるようです。写真のオリーブオイルは、270gで1000円ちょっとしたと思います。辛味、苦味、果実味もするような気がします笑