おはようございます!あいさつは先制攻撃!布施淳です。

また心臓の話です。おさらいしましょう。

循環器領域の代表的な病気といえば、心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患が挙げられます。心臓の血管(冠動脈)が動脈硬化により詰まったり、狭くなったりすることで、胸が痛くなったり、苦しくなったり、突然死したりする病気です。
これらに対し盛んに行われている治療が心臓カテーテル治療(PCI)です。バルーン(風船)やステント(金属の網のようなもの)により、血管を広げる治療です。胸の大きく切って、開けるような”手術”をしなくて済む、負担の小さい治療です。素晴らしい医療の進歩、テクノロジーの進歩です。今や、虚血性心疾患の治療の中心的存在です。
CAG
一方で、無駄なPCIが行われていることも少なくありません。論外ですが、あまり狭くない血管を広げて、治療したと称する場合が稀にあります。
また、一見狭く見える血管でも、PCIによる有効性がない、或いは、ごく僅かな効果にとどまる血管であることが良くあります。でもこのような血管へPCIが施行されることが少なくないのです。
なぜなら、医師本人のPCIの経験数増加による技術向上、専門医取得条件獲得、経済的メリット、臨床研究、また、所属組織や病院の治療件数増多、学会認定施設基準獲得、実績向上・宣伝、収入増加、或いは、医療機器企業との関係、、、、。様々な理由で、PCIの件数を無理に増やそうとし、適切とは言い難いPCI施行に至るのです。
話を戻しましょう。要するに、冠動脈が「狭い」だけでは治療対象にはならないのです。一見「狭い」血管を広げたとしても、これが患者に良い効果を及ぼすとは限らないのです。どのような血管を広げれば効果的かは、単に見かけ上「狭い」以外に様々な要素が関わってきます。このへんのことはかなり専門的になりますから、素人である患者にはわかりにくいところです。
血管が「狭い」ために、心臓への血液供給が不十分になり、結果、寿命を縮めてしまったり、胸が苦しくなりQOLが低下する場合は、通常、PCI治療対象として考えます。逆に言えば、血管が「狭く」見えても、命には別状がなかったり、症状がなかったりする場合は、PCI治療対象にならない場合が多いのです。
本来PCIによる治療の必要性が乏しいのにもかかわらず、PCIをした場合、メリットが乏しいばかりか、コストがかかりますし、また、場合によっては治療による合併症を生じたり、造影剤という薬や、放射線被曝による悪影響も無視できず、これらによる、「デメリット」を被る場合もあるわけです。
年度末になると、予算消化のために、大して痛んでいない道路に対する「無駄な」修復工事が横行する、という話をよく聞きます。大してメリットがない一方で、手間やコストはかかりますし、場合によっては、工事の際に事故が生じたり、また工事により生じる渋滞も社会に対しデメリットです。上記のPCIと少し類似しています。
工事中
PCI治療後、医師は、患者に「「狭い」血管が広がりましたよ、良かったですね。」と説明します。患者は喜びます。しかし、本当に「良かった」かどうかは、わからないのです。
「血管が狭い」=「PCIが必要」 というわけではありません。
医師にPCIを勧められたら、その目的、意義を十分確認することをお勧めいたします。PCIの結果、寿命が延びるのか?どのくらい延びることが期待できるのか?自分の訴えている症状が本当に改善するのか?など、しつこく聞いてみましょう。不明瞭な回答なら、他の循環器科に意見を聞きに行くのも選択肢です。僕にご連絡頂いても良いですよ。http://junfuse.com/contact-2/
今日も、しつこい話を最後までお読みいただき、ありがとうございました。