こんにちは。布施淳です。寒くなったせいか、最近心臓病の急患が多いです。
心臓、すなわち循環器領域の代表的な病気といえば、心筋梗塞や狭心症といった「虚血性心疾患」が挙げられます。心臓の血管(冠動脈)が動脈硬化により詰まったり、狭くなったりすることで、胸が痛くなったり、苦しくなったり、突然死したりする病気です。
「虚血性心疾患」の程度がごく軽いと薬物治療で対処できますが、程度が重くなり、薬物治療があまり効かない場合、非薬物治療を検討することになります。
非薬物治療には、
① 冠動脈バイパス手術(CABG)
② 心臓カテーテル治療(PCI; バルーン、ステント)
があります。
冠動脈バイパス手術は、胸の大きく切って、開けて、血管を吻合しバイパスを作ります。天皇陛下もお受けになった手術です。
心臓カテーテル治療とは、手首や足の付け根の血管から細い管(カテーテル)を挿入し、バルーン(風船)やステント(金属の網のようなもの)を使用し、心臓の血管を広げる治療です。
心臓カテーテル治療は、比較的スピーディーにできますし、胸を切って、開くような”手術”をしなくて済む、負担の小さい治療です。素晴らしい医療の進歩、テクノロジーの進歩です。
ざっくり言うと(もちろん例外はあります)、
軽症〜中等症→心臓カテーテル治療
重症→冠動脈バイパス手術
が選択されます。なぜなら、各々それらが相対的に治療成績が良いのです。
医師は主に、患者の病気の程度により治療を選択するわけです
通常循環器内科医が心臓カテーテル治療、心臓外科医が冠動脈バイパス手術を行います。病気の程度や治療選択枝の説明をするのは、循環器内科医の業務になることが多いです。
適切に治療選択をし、患者にベストの治療を適用する循環器内科医は大勢いますが、一方で、一部の循環器内科医は、自分(たち)の治療件数を増やしたい思いもあり、重症でも心臓カテーテル治療を勧めます。
重症な冠動脈病変でも冠動脈バイパス手術ではなく、心臓カテーテル治療を勧めて、施行するわけです。
成功すればまだ良いですが、そうでないことも、もちろん、あるわけです。
これは、教育者が、黄色(点滅)信号の横断歩道を前にする子供に、少し待って次の青信号で渡ることを勧めるのでなく、今目の前の黄色(点滅)信号を渡ることを勧めるようなものです。
このようなことも含め、本来冠動脈バイパス手術の適用になる重症病変に対して、心臓カテーテル治療が「チャレンジ」されていることが少なくありません。中にはその選択がやむを得ない状況もありますが、そうでない場合もあります。
この辺の判断に関し診療ガイドラインもありますので、概ねそれに従えば良いのですが、個々のケースにより、この判断は、かなり専門的知識を必要とする場合もあります。「虚血性心疾患」を専門とする医師でないとわからない面もあります。
少しでも、医師の説明に疑問を感じるようであれば、是非、別の病院の循環器内科で意見を聞いて見るとよいと思います。
今日は、ちょっとマニアックな話になってしまいましたね。最後までお読みいただきありがとうございました。
カテ室
カテ室2