おはようございます!あいさつは先制攻撃!布施淳です。
 

年をとってくると、太りやすくなる傾向があります。同じ食事をしても体重が増えてきます。腹も出てきます。もちろん運動不足もあるのでしょうが、それだけではない太りやすさを感じたりします。漠然と「代謝が悪くなった」などと表現することが良くあります。
「代謝が悪くなる」とは、具体的にはどのようなことなのでしょうか。
それには、女性ホルモン(エストロゲン)と男性ホルモン(テストステロン)が関与しています。
女性は女性ホルモン(エストロゲン)が分泌されているうちは子孫を残すために、皮下脂肪を蓄えやすい体質になっています。しかしながら閉経すると、即ち、子孫を残す役割が終わると、皮下脂肪を蓄える必要がなくなり、エストロゲンの分泌量が急激に減少します。体質が男性に近くなり、皮下脂肪よりむしろ内臓脂肪がつきやすくなります。しかも一般的に男性より筋肉が少ないため、過剰なエネルギーを筋肉で効率的に代謝しにくく、より内臓脂肪が蓄積しやすくなります。
男性ホルモン(テストステロン)は筋肉増強の作用があります。男性も、40代くらいになるとこのテストステロンの分泌量が減少し、筋肉量は減り、筋肉で使うエネルギーも減少するので、内臓脂肪がより一層つきやすくなります。
これらが中年になり、「太りやすくなった」と感じる原因の1つです。
単に運動不足活動不足だけではないわけです。
ちなみに、血液から細胞内へと脂肪を取り込む働きがあるLPL(リポ蛋白リパーゼ)が様々な細胞の細胞膜上存在し,この分布様式により脂肪がつきやすい部位が変わってくるようです。テストステロンは腹部の脂肪細胞のLPL活性を抑制する働きがあるそうです。
若い頃の食習慣をそのまま続けていれば、男性も女性も内臓脂肪が蓄積しやすくなります。必然です。内臓脂肪は動脈硬化疾患へ悪影響を及ぼします。男女ともに更年期を迎えた際、太りたくなければ 、食習慣を含めた生活習慣是正が必要になります。筋肉を鍛えることも重要です。
【参考文献】
肥満遺伝子――やせるために知っておくべきこと
ヒトはなぜ太るのか?
 –