おはようございます!あいさつは先制攻撃!布施淳です。

calender

昨日、文明の発展は一長一短で、どんどん現代人の身体活動を省略できる世の中になっているという話をしました。通勤のみならず、仕事自体も変化が著しいです。ITの発展もあり、パソコンの前の仕事、デスクワークが多くなってきています。身を動かさなくとも、パソコン画面でクリック一つで、簡単に業務をこなせてしまったりします。もちろん農業といった一次産業、肉体労働も、社会のグローバル化、流通の発展により、日本ではどんどん減少傾向です。
我々、医師の業務も同様です。電子カルテをみれば大概の患者情報や検査結果は入手できます。患者を診察しない医師が増殖する一因にもなっています。論文を取り寄せたいときもパソコンで多くの場合事足ります。医学書が欲しいときもアマゾンなどでクリック一つで購入できたりします。本当に便利ですが、身体活動は落ちるばかりです苦笑
昔の人は、仕事で高い身体活動を要しました。休みの日や仕事以外の時間は、身体を休めて過ごしたことでしょう。
現代人は、仕事では身体活動は低く済むことが多いです。休みの日や仕事以外の時間は、身体活動を高めることが望まれます。
「現代の仕事は身体活動は高くないけれど精神的ストレスが高いので、休みの日は、のんびり休むことが必要」という意見もあるでしょう。もっともです。でも、運動は、精神的ストレスを緩和する最も有用な方法の1つです。精神的ストレスが多ければ多いほど、運動することが望ましいかと思います。
 –
もはや、「お休み」という表現がいけないのかもしれません。土日・休日は「休み」「休暇」でなく、「運動日」「活動日」という表現にするとか笑
「運動日」とすることで、国民みんなが週末のたびに「運動」を意識するようになればよいかと思うわけです。少しは実践につながることが期待できると思います。
ちなみに、最近、このBlogの書き始めは「あいさつは先制攻撃」です。シャイな自分にとってなかなか実践が難しいからこそ、毎日自分に言い聞かせて、忘れないようにしています。毎日毎日この言葉に触れることで、実践につなげていこうということです。