おはようございます!あいさつは先制攻撃!布施淳です。

 

入浴時の死亡事故が多いという話題はいくつか取り上げました。

http://junfuse.com/141014bath/
http://junfuse.com/141015bath2/
http://junfuse.com/141016bath3/
浴槽内や浴槽から出た後でのトラブルが多いようですが、浴槽に入るまえも注意が必要です。特に高血圧や心臓病を患っている方、ご高齢の方は要注意です。
一般的に、湯船に入る前には身体を洗うことがエチケットです(1人暮らしで自宅での入浴は別ですが)。
特に冬は、寒い洗い場で、裸で、しゃがんで、身体を洗う。下半身を洗う時などはどうしても前屈の姿勢になります。
寒くて冷えることしゃがむこと前屈、これらはすべて血圧の上昇、心臓の負荷につながります。
そして、その後、熱い風呂に入ったらさらに血圧は上がります。
脱衣所を暖かくしておくことはよく言われていることですが、入浴前に浴室の洗い場も暖かくしておくことがより安全です。入浴前にしばらく浴槽のフタを開けておくとよいでしょう。

 

「かけ湯」を行うことで、少し身体を温めることもよろしいかと思います。

 

洗う姿勢は「しゃがむ」ことは避けましょう。床に座る、座椅子に座る、がベターかと思います。

 

 

細かいことかもしれませんが、些細な行動をひとつひとつ実践することで、少しでも健やかな生活、安全な生活、安全な入浴につながるとよいですね。

 

bath10