僕はシャイなので、感情表現が下手です。笑顔も下手です。

 

でも、ポジティブ心理学やコミュニケーションスキルを学ぶと、「笑顔」でいることが如何に重要か分かります。
順天堂大学の小林教授によると、笑顔でいると、口角を上げると、副交感神経が優位となり、穏やかになるといいます。

からの抜粋です。

 

・心からの笑顔はもちろんのこと、たとえつくり笑顔であっても、口角を上げれば副交感神経は上がる
・人生、笑うが勝ち
・医師が笑顔でいるかいないかで、患者さんの治りが早くなったり遅くなったりする
・自律神経のバランスを崩してしまう最悪の習慣は「怒り」
そうでなくとも、笑顔でいると、周囲の雰囲気が穏やかになりますし、しかめっ面でいると、良い雰囲気にはなりません。

 

 

この本には、

 

「上機嫌は社会のマナー」

 

 

とあります。
ということで、笑顔でいるように努めています。なかなかうまく行きませんが笑

 

昨日、外出した際に気づいたことが数点。
駅までの道を歩いていたら、歩道を自転車がかなりなスピードで走り、自分と交錯、衝突しそうになりました。客観的には自転車のほうが悪いと思われましたが、不思議と怒る気持ちになりませんでした。

 

 

なぜなら、そのとき自分は笑顔を心がけて歩いていたからだと思います。
笑顔のパワーを感じました。

 

 

もう1つ気づいた事。

 

 

笑顔でいると、「あいさつは先制攻撃」(→http://junfuse.com/140913hello/)を実践しやすいことです。

 

 

笑顔でいることで、ポジティブな気持ちになるせいか、言葉が出やすいです。しかもクリアな言葉遣いになりやすいです。
笑顔のパワーです。

その目で周りをみると、街行く人たちは、しかめっ面の方々が多いです。

 

 

変にニヤニヤしながら過ごすのは気持ち悪い苦笑かもしれませんが、少し微笑むくらいでいると、街の雰囲気、職場の雰囲気、社会の雰囲気は良くなるかもしれません。

 

 

「笑顔は社会のマナー」

 

 

 

と考えて実践したいと思います。

 

 

しかめっ面な姿を見かけたら、その旨注意してください笑