私は、今の職場の勤務歴が10年を超えています。

 

まわりの人事異動が多かったり、若い人の出入りが激しいので刺激はある職場ですが、それでも、、、、長いです笑

先日、とある会で、現在の業務において、

 

「相変わらずで、あまり変化のない生活です」

 

というような発言をした自分がいました。

その数日後、ふとしたことで目に止まり、読んでみた本。

 

日本で数少ないプロゲーマーの方が書いた本です。世界を代表するようなゲーマーだそうです。

 

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」  梅原 大吾

どんな領域であってもトップに立つ、勝ち続けることは、容易ではありませんし、それを成し遂げている人の発言は、深いです。ゲーム業界では有名人のようですが、僕は存じ上げませんでした。彼にとって、ゲームはあくまでもゲームで、本当の目的は自分自身の成長にあると言います。学ぶべき言葉が満載の1冊でした。

 
少しだけ、挙げますと、

・戦術や戦略も常に変化、進化させる必要がある。
・人間というのは、誰もが生み出されたものに対応する力は優れている。だから、先頭に立つ者は常に新しいものを生み出し続ける必要がある。
・僕にとっての正しい努力。それはズバリ、変化すること
・小さくてもいいから変えてみる。 そんな意識があれば、誰だって、いつだって自分を変えることができる。そうやって自分の体験を増やしておけば、ふとしたとき、前よりも視野の広くなった自分に気づくことができるはず
・変化=進化を続けるためには、あえて苦手なことに挑戦してみる
・失敗をせずに前進できることなんてほとんど稀だ。失敗していることこそが指標になる
・とにかく、大事なのは変わり続けることだ

青字はほぼ抜粋です。

 

 
彼は、努力=変化=進化、という意見です。

 
先の発言をした自分としては、大変、耳が痛い言葉です。

現状に,安定的に過ごすことは、楽です。一つの職場の勤務歴が長いと、ついつい「努力」を怠って、「変化」が乏しくなります。

 
職場をはじめとする生活環境を、比較的短い期間で変化させていくことは、「変化」が得られ易いし、必然的に「努力」も強いられることにもつながり易いでしょう。

 
もちろん、同じ環境の生活が長くとも、「変化」を追求することはできます。

 

まずは、心がけ。

 

そして、「小さな変化」から、行動に移しましょう。