「データの見えざる手 矢野和男著」という本を読んでいて、ポジティブ心理学に関する話題がありました。

印象的でしたので、シェア。

なお、この本は自分としては、かなり衝撃的で、また後日Blogで触れたいと思います。

ポジティブ心理学研究の第一人者カリフオルニア大学のソニア・リュボミルスキ教授によると、

「幸せ」に影響する因子とその割合は以下の通り。

 

50% 遺伝的要因
40% 日々の行動のちょっとした習慣や行動の選択の仕方
10% 環境要因

50%は遺伝要因というのは、仕方ないようにも思いますが、本人でコントロールできない点であり、つらいところでもあります。
環境要因、即ち、職場、家庭、恋人などの「人間関係」、現金、財産、資産などを含んだ「お金」、そして「健康」、これら全てを含んでもたった10%にしかならない!、ということは意外です。

 

頑張って、環境要因を改善しようと努力しても、たった10%の影響しかありません。努力の割に、効果は得にくいのかもしれません。
一方、「日々の行動のちょっとした習慣や行動の選択の仕方」が40%も占めている、というのも驚きです。

 

「ちょっとした」ことで「40%」と、「幸せ」への大きな影響も期待できます。
例えば、人に感謝を表す、困っている人を助けてあげる、ということでも、「幸せ」になれるということです。
「1日の最後に、その日良かった3つのことを書き出す」習慣で、「幸せ度」が高くなるとポジティブ心理学の本で読んだ事があります。
こころがけ1つで、「幸せ」になれるということです。
その結果がどうなろうとも、行動を起こすこと自体で「幸せ」になれるということです。

 

しかも、効果的な影響が期待できます。

 

簡単に、「幸せ」になれます笑。