「プレゼンテーション」と聞くと、TEDなど、特別な場での発表をイメージしがちです。
でも、考えてみれば、それは日常生活の中で普通に行われていることです。
人との会話や、ちょっとした情報伝達、報告、それは皆、「プレゼンテーション」です。日常のコミュニケーションスキルの1つです。

我々医療従事者も、日々の臨床業務の中では「プレゼンテーション」の機会は非常の多いです。

プレゼンテーション・パターン: 創造を誘発する表現のヒント (パターン・ランゲージ・ブックス)

 
この本でも、「ダンスや演劇、演奏、新聞制作、スポーツの試合なども、広い意味でのプレゼンテーション」と言っています。そんな広義のプレゼンテーション。そのスキルを上げることは、生活の多くの面で役立ちそうです。この本には、そんなヒントが34も挙げられています。

基本的な思想は、「創造的プレゼンテーション」。

データをただ並べるのではなく、図にまとめ、ストーリーとして語らなければ、聴き手に理解してもらえない。映画や小説と同じように、聴き手の思考を促進させ、想像力を豊かにし、新しい発想や発見を誘発する営み、それが「創造的プレゼンテーション」。「プレゼンテーション」は聴き手への「プレゼント」。

近年、教育現場も激動の時代を迎えており、「teach」の時代は終わり、「facilitate」の重要性が説かれています。プレゼンテーションも「facilitate」の要素を考慮したものを目指すとよさそうです。主役は聞き手。

こういった、Blogや記事も、立派なプレゼン。「facilitate」を意識して書けるとよいですね。。。。(苦笑)。