先日、「ごきげん」で健康、長生きという話題に触れました。ポジティブ心理学がマイプチブームです(笑)。

 

 

幸福感や楽観主義は、実際に業績を高め優れた成果をもたらす。
仕事のみならず、結婚生活、健康、友人関係、地域社会とのつながり、創造性など、私たちの生活のほぼすべての面で、幸福感が成功を導く。

なかなかインパクトあります。

そして、心がける7つの法則は以下。

①ハピネス・アドバンテージ(幸福優位性):幸福感そのものが競争力の源泉となる
②心のレバレッジ化:自分の潜在能力を信じ、マインドセットを変えて仕事の成果を上げる
③テトリス効果:常にポジティブな面をスキャンする
④再起力:挫折は成長の機会
⑤ゾロ・サークル:まずは自己認識、小さな成功から
⑥20秒ルール:変化へのバリアを最小化して悪い習慣をよい習慣に変える
⑦ ソーシャルヘの投資:人のネットワークは最高の資産

世の中に色々な自己啓発本が出ていますが、ポジティブ心理学の概念が根底にあることが多いと感じました。
また、社会で活躍している人は、この概念を実践している人が大変多いことにも気づきます。

ネット社会においては、⑦の「人のつながり」を作りやすいですから、皆で幸せを拡散し合えるとよいですね。